緑色なのにどうして『黒板』と呼ぶの?

『黒い色の黒板』は存在していた??

明治時代以前は塗板と呼ばれる小さな板が使用されていました。
その後アメリカから持ち込まれたブラックボードを直訳したのことで「黒板」という名前が定着した説があります。

その後は漆器の技法を用いて木の板に墨汁や柿渋、漆を塗った簡易的な黒い黒板を国内で製造していたそうです。

ただ、面板が光を反射するため見づらく、また耐久性も弱いものでした。

黒板に緑色が選ばれた理由

黒の染料が入手困難であったことに加えて、
目に悪く見づらいことなどが挙げられたため、目に優しい深緑色が採用されるようになったそうです。
また、戦後に明るい雰囲気を持たせたかったことや鎮静作用等の心理的効果など、理由も諸説あるようです。

ただの『木の板』から、みんなが想像する『黒板』に

「黒板」という名前が浸透していたため、深緑色に変更されてからも現在までそう呼ばれています。

またマグネットが使用できるものや面板を光が反射しにくい加工を施したもの、耐久性を考慮したホーロー製の黒板が登場し、現在、学校での主流となっています。

このページの先頭へ戻る