ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」

以前にも小学校や中学校で電子黒板の普及が進んでいる事をお伝えしましたが、政府が発表している資料によると、教育環境のIT化に向け2019年をめどに電子黒板の導入が進んでいるそうです。

そんな中、愛媛県の黒板メーカーさんと、デジタルコンテンツ事業を展開する面白法人カヤックさんが、「スマホとプロジェクターで電子黒板と書画カメラの環境を作り出す新しい試み」をテーマとして、ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」を発表しました。
ひとまずiOS端末のみ対応のようで、7月に発売予定だそうです(販売想定価格5,000円)

黒板もますます進化していきますね。

このページの先頭へ戻る